保育士

社会福祉法人内木会はあおば保育園、わかば保育園、上横田よつば保育園の3つの保育園があります。
どの施設も青々とした芝生の園庭と木の香りがする園舎です。それぞれの園の場所は離れていますが、園の子ども達の事を考える気持ちはみんな一緒です。すべての園で常に交流があり、複数担任制度なので先輩や同期で協力し合いながら、子ども達一人一人に配慮が行き届く保育を行います。

保育士【正社員】

老沼 駿 先生

老沼 駿
職歴:
保育士2年目
担当:
わかば保育園 【2歳児 担任】

中学生の時に保育士の体験をしてこれだ!! と思って保育士の職業を選んだ老沼先生。
子どもの事を語る時の目はいつもキラキラ輝いています。

なぜ内木学園・内木会を選んだのですか。この園の特徴は
短大時代の実習でお世話になり、手厚く親切に指導して頂いた先生方を見て、自分もそんな先生になりたいと感じたからです。
この園は、教職員の育成に力を入れているのが特徴です。
先生になってすごく嬉しかった事はどんな事ですか
やはり、子どもの成長を感じた時です。例えばトイレトレーニングが上手くできなかった子がトイレで成功した時はとても成長したと感じます。また、言葉が出なかった子が初めて、自分の名前を呼んでくれた時は本当に嬉しかったです。保育士の仕事は子ども達と一緒に長時間過ごすので子ども達の成長が感じられ、親御さん以上の嬉しい気持ちになります。
保育を行う上で緊張する事はなんですか。また、その対応方法は
苦手な事はピアノを弾くことです。練習あるのみです。
先生が保育を行う上で、大切にしている事はなんですか
子どもの援助です。子どもの乗り越えられない壁に対し、必要最小限の援助をするように心掛けています。そうすることで、甘えず、自分の力であきらめずに挑戦する心が育つと信じています。
同じ職場で働く先生へ
いつも温かく指導して下さり、感謝しています!
内木学園・内木会に就職を考えている方にメッセージ
子どもが好きだけど、保育士は「女性の職場」と考えている男性の方、それは間違いです! 意外にも力仕事が多いこの仕事では、男性保育士の力を必要としています。又、子ども達から「抱っこ」「おんぶして」は毎度の事です。体を使ってたくさん関わることで、子ども達は大好きになってくれます。同じ職場で一緒に働きましょう!!
男性にしか出来ない保育がきっとあるお父さんのようにパワフルで優しい先生に成長の感動を一緒に体験しよう

保育士【既婚者】

菅又 美佐子 先生

菅又 美佐子
職歴:
他園保育士・児童指導員など24年→前上横田よつば保育園嘱託員1年→保育士1年
担当:
上横田よつば保育園【4歳児 担任】

公立保育園の先生だった菅又先生。上横田よつば保育園が民営化された際、園児達とまだまだ一緒にいたいと思い社会福祉法人内木会の先生として転職。「子ども大好きパワー」が伝わる笑顔が素敵な先生です。

なぜ内木学園・内木会を選んだのですか。この園の特徴は
公立保育園の上横田保育園から民間の上横田よつば保育園に変わる際に、現園児達と一緒に残りたかったためです。この園の特徴は幼稚園、保育園が常に協力しあい、行事を盛り上げているところです。
先生になってすごく嬉しかった事はどんな事ですか
子ども達の笑顔、成長、優しさ等に触れた時。また、保護者と連携を図りながら成長を見守れたこと。
保育を行う上で緊張する事はなんですか。また、その対応方法は
保育参観等で見られる事。通常の授業をいつも見られているという意識を持ち仕事すること。
先生が保育を行う上で、大切にしている事はなんですか
子ども一人一人の気持ちに添って一緒に考え手を添える事。子ども達が楽しく過ごせるようにする事。これが、先生と子ども達の信頼関係を築く大切な事だと考えます。また、職員心得十ヶ条などがあり「あいさつと整理整頓をすべての基本と思いしっかりやります」など、一番大切な事を再確認しながら、子ども達のお手本の大人になれるよう心がけています。
同じ職場で働く先生へ
一緒に保育を楽しみましょう。
内木学園・内木会に就職を考えている方にメッセージ
ここでは、先生達の仕事は効率化され様々な業務がスムーズに行われるようになっています。また、私用で仕事を休まなければならない場合も、常に先生同士の協力があるので、自分の用事に合わせて休みが取れ、家庭があっても安心して働けます。
子ども達が最も成長する時期を全力でサポートしながら一緒に笑って幸せになりましょう。
子ども達の笑顔が大好きで子どもと一緒に笑える先生いっぱい笑っていっぱい幸せになろう

保育士【パート勤務】

石崎 美智子 先生

石崎 美智子
職歴:
他園6年→幼稚園教諭7年→保育士10年
担当:
あおば保育園 【子育て支援センター主任】

幼稚園に入職後、子育てのため、何度か園を離れたものの再度復職した石崎先生。あおば保育園開園時よりずっと子育て支援センターを担当し、保護者、そして職員の良き相談相手となっている頼りになる先生です。

なぜ内木学園・内木会を選んだのですか。この園の特徴は
面接時に理事長先生とお話しをさせていただいたのですが、とっても大らかで優しくトトロのような存在で安心出来た事と、勤務時間が自分に合った時間帯で勤務出来たので、この園に決めました。
勤務体制(常勤・非常勤・フリー)があるので結婚しても働きやすい所です。また、職場の雰囲気がよく活気があり、みんなが笑顔で挨拶の出来る所が特徴です。
先生になってすごく嬉しかった事はどんな事ですか
なかなか心を開いてくれなかった子が、「先生大好き!」と甘えてくれるようになった時はとても嬉しいです。
また、子ども達と一緒に一つの行事を終えた後の達成感は、言葉に出来ないほど嬉しいものがあります。保護者の方から「先生に会えてよかったです」「先生頑張ってください」という言葉を頂いた時もとても嬉しくやりがいを感じます。
保育を行う上で緊張する事はなんですか。また、その対応方法は
大勢の前で話をする事や、ピアノを弾く事はとても緊張します。
対処方法は事前からのシュミレーションをしたり、ピアノの練習をして「大丈夫」と自分に言いきかせます。
先生が保育を行う上で、大切にしている事はなんですか
笑顔と思いやりの気持ちで、一人一人のスキンシップを大切にしながら、子どもとの信頼関係を深める事です。
同じ職場で働く先生へ
休日は一生懸命遊び、仕事は一生懸命して、笑顔で楽しく過ごせればお互い思いやりを持って頑張れると思います。私自身も休日は日頃出来ない掃除をしたり、友人や夫と温泉巡りをして身体を癒したりしています。また最近体力の衰えを感じスイミングも始めました。
内木学園・内木会に就職を考えている方にメッセージ
保育士の仕事はとてもやりがいがあります。笑顔を忘れず一緒に子どもの成長を見守っていきましょう!
保育士の仕事はやりがい&充実感で溢れてる先生の笑顔は子ども達と繋がるエッセンス
見学・実習 面接エントリー
ページの先頭へ戻る